通勤時間と休日をゲームに費やした結果3週間でレベルカンストした

今でこそ多くの人が「携帯ゲーム」を楽しむようになりましたが、少し前ならば「オタク」として蔑まれることも珍しくありませんでした。一昔前でもその傾向は比較的強く、インドア派というだけでも女性から低い評価を付けられてしまうことが多々ありました。しかし、現在は多くの人が認識を改める状況になっていて、むしろ「一緒に楽しめるパートナー」として認識される可能性すらあるほどになっています。

かく言う私も、いわゆる「ゲーマー」であると自称している状態でしたが、そのことを大っぴらに打ち明けることができるようになったのは最近のことです。同性ならば共感を得られることも多いので問題ありませんでしたが、対異性となると一気に印象が悪くなってしまうことが多くなってしまい、結果的にあまり自分の本質をさらけ出すことがはばかられるような状態になってしまっていました。

ただ、ここ最近はそういった印象に一喜一憂することに疲れてしまったのか、「どのように思われても良い」と思えるようになりました。なので、うちでも外でも可能な限り自分の趣味に没頭する時間を作るような生活をしていたところ、始めたばかりのスマートフォンゲームが3週間ほどで「何をしたら良いのやら」という状態になってしまいました。

今現在、スマートフォンアプリにはさまざまな商品がラインナップされています。便利系アプリから私の好きなRPG系まで多種多様なアプリがリリースされていて、日夜面白いアプリを見つけるためのパトロールに余念がありません。そんな折、「面白そうだ」という印象持ったことをきっかけにプレイし始めたMMORPGだったのですが、現状できるエンドコンテンツの限界値に達してしまってやる気が失われてしまいました。

誰しもそうでしょうが、自身が「やりたい」と思っていることならばどれほど時間がかかってしまったとしても、どれほどの労力がかかってしまったとしてもめげることなくやり続けることができます。ただ、「これで終わりです」と言われてしまえばそれ以降のモチベーションを維持することは非常に難しくなってしまうので、そこで興味自体がなくなってしまうことも珍しくありません。

幸いにも、今後も長く運営され続けていくであろうMMORPGと言うこともあり、むしろ早い段階で限界値に達しておいた方が何かとメリットがあります。やること自体は減ってしまうのは確かで、せっかくMMORPGをプレイしている醍醐味はそがれてしまいがちですが、ある意味では自己満足に浸っている自分がいます。

タブレット買ったらMMOが死ぬほど捗った話

大画面で高解像度のタブレットを買ったら、嘗てのゲーマーオタクの血が騒いで、MMORPGをはじめたら死ぬほど捗りました。
スマホの小さい画面の頃には、余り興味が沸かなかったけど、画面が大きくなるとムービーの作り込みに感動しました。あまりに感動して、金曜日の夜から初めて、プチプチと雑魚モンを倒してレベル上げをしました。
まだ始めたばっかだと思ったら、7時間も飲み物も飲まずに、レベル上げとミッションとイベントをひたすら繰り返して、朝日が昇り始めました。
これはヤバいと思って、ベットで寝ようと思いましたが、やっと同じレベルの仲間が出来て、パーティ組んでダンジョンに突入出来たので、パーティメンバーに途中抜けは悪いと思ってダンジョンミッションをクリアしました。
終わってガッツポーズを上げた時にはすでに、7時を回っていてそのままベットに横になり爆睡しました。
4時間後土曜日の11時に起きて、朝食兼昼食のカップ麺に湯を入れながら、3分の待ち時間にまたMMORPGを起動させてレベル上げをスタートしました。
レベルが上がってから食べようとカップ麺を食べないでレベル上げに没頭して、やっと30分後にレベルアップしました。
冷えて伸び切った不味いカップ麺を急いで飲み込みゲームを再開しました。
MMORPGの醍醐味の2回目のパーティプレイを始めて、良いところで玄関に宅配便が来たけど、今いいところなので居留守でスルーしました。
かなり難しいミッションだったため、攻略に3時間掛かりボスを撃破した時には、感動の涙を流しました。
その後レベル上げとミッションと美麗なイベントムービーを繰り返しながら、トイレに行くのも面倒になってペットボトルに小便をしつつ、時計を見ると日曜日の0時を過ぎてました。
時計を見た途端急に眠気に襲われて、部屋の床で寝てしまいました。
冬で夜中に底冷えしていて起きたら、枕が無かったので無意識に買ったばかりのタブレットを枕代わりに寝てました。
画面が壊れてないか不安になりましたが、おでこの皮脂と涎でべちょべちょだったけど壊れてませんでした。
安心して4時間寝て、起きて昨日のゲームの続きを再開しました。
またレベル上げとミッションとイベントムービーを繰り返しを始めて月曜日の2時になってました。
その頃にはまだ本格的に初めて3日ぐらいしか経っいないのに、すでにレベルアップの上限リミットに迫る所まで捗ってました。
ここまで来たら、カンストしないといけないとオタク血が騒いで、月曜日は体調が悪いと言って会社を休んで、月曜日のお昼過ぎに上限レベルと全ミッションカンストしました。
久々のMMORPGは楽しすぎました。