デリヘルのエリア別傾向はこんな感じ?

風俗を利用する場合には、そのお店のあるエリアを注目する必要があります。なぜエリアにそこまで注目しなければいけないのかというと、お店のある場所によってサービスの内容であったり、働いている女性のレベル、キャラクター、年齢などに特徴が出てくるからです。逆にお店のある場所をしっかりと意識しておけば、自分のプレイはどのエリアが向いているのかを絞る事ができますので最初にエリアの特徴を知っておくというのはとても大きなメリットがあると思います。

わたしが利用してきた感触での話なのですが、新宿、池袋、渋谷はギャル系の風俗が多い傾向があります。特にデリヘルのジャンルでは、ギャル系のお店が多いエリアとなっております。渋谷はかなり若いギャルが多く、新宿は少し大人目のギャルママ系が多い傾向があります。池袋は、単なるギャルではなくコスプレ系のサービスと組み合わせているお店がありますので、ギャルにナースや婦人警官などのコスチュームを着てもらいたいという方にとってはおすすめとなっております。

上野や御徒町、秋葉原エリアは、それぞれ個性的なお店が多い傾向があります。秋葉原はやはりアニメ系のコスプレを得意としているお店が多くなっていたり、御徒町や上野は、ギャル系やコスプレ系など人気のジャンルを抑えつつ、熟女系や足フェチ系などのマニアックなフェチを刺激するようなお店が多い傾向があります。

また、東京近郊のエリアは、それぞれ東京のどのエリアを参考にしているかによって異なりますし、都心に本店のあるようなお店の支店があるようなケースもあります。他にも都市部と同じ価格帯でサービスを提供しているのか、それとも都市部よりもリーズナブルな価格で利用する事ができるのかなどの違いがあります。中には千葉県の柏や埼玉県の大宮など独自の成長を遂げている所もあります。

また、デリヘル嬢のキャラクターの他にも、サービスの内容などもあります。基本的に都市部の方がデリヘル店が多いので、他の同業他社との差別化を図るために、色々なサービスを展開する事によって、他のお店との違いを前面に打ち出しております。駅からホテルまでの送迎中に後ろの座席でフェラチオしてもらったり、駅前で待ち合わせをして食事をしたりウィンドウショッピングをしたりなどデートをしながらホテルに向かうなどホテルの外でのサービスなどもあります。中にはノーパン+ノーブラで街を連れまわす屋外調教的なプレイを楽しむ事ができるお店もあります。エリアによって選ぶ事ができるサービスが異なりますので、しっかりと確認するようにしてください。